長野県 上田・小諸 アウトドア・レジャー

菅平高原で楽しむボルダリング ホテル内に設置

信濃毎日新聞(2018年9月28日)

 ラグビーなどのトップ選手の合宿を受け入れている上田市菅平高原の「プチホテルゾンタック」は、突起物(ホールド)に手や足を掛けて壁をよじ登る「ボルダリング」の施設をホテル内に設置した=写真。経営者の松浦紀美雄さん(73)は「ホテルの新たな魅力として発信していきたい」としている。

 ボルダリング壁は高さ約4メートルで木製。子ども向けから上級者向けまで計7面ある。奥方向に傾斜する面は易しく、手前に傾斜する面は難度が高い。壁面にカラフルなホールドが多数取り付けられ、10ほどのコースを設定。落下時に衝撃を吸収するマットを敷いている。

 トレーニングマシンなどを集めたジムを別の場所に移してスペースが空き、ボルダリングを含むスポーツクライミングが2020年東京五輪で初めて競技として採用されることもあり「話題性がある」と設置することに。親子での利用も想定している。

 利用料は宿泊者が2時間500円、宿泊者以外が同千円。専用シューズは300円でレンタルできる。問い合わせはゾンタック(電話0268・74・1111)へ。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット