輪島朝市でそろえた食材で調理した料理を紹介する女子生徒=輪島高

輪島朝市でそろえた食材で調理した料理を紹介する女子生徒=輪島高

石川県 輪島・珠洲・能登金剛 グルメ

朝市食材で料理 輪島高生がおしゃれな6品

北國新聞(2018年10月5日)

 輪島高の1年女子11人は4日、輪島朝市に露店を出す若手女性と連携し、朝市の食材を生かした創作料理を披露した。年配の客が多い朝市に若者を増やすきっかけにしようと、旬の魚介類を使ったキッシュ、オムライスなど6品で腕を振るった。レシピは朝市組合のホームページや会員制交流サイト(SNS)で広め、生徒も11月に全校生徒の前で発表して朝市に親しむよう呼び掛ける。
 考案したメニューは、朝市の「おばちゃん」が漬けた梅干しを使った冷しゃぶ梅肉ソースパスタ、イカと甘エビのパスタ、カマスのフライを挟んだフィッシュバーガー、タコを具材にした韓国の人気屋台料理「ハットグ」とオムライス、サバのキッシュの6品目。1年生と露店の女性3人が朝市でそろえた海産物を携えて輪島高調理室に集まり、レシピに掲載する写真を撮りながら調理した。
 露店の女性は甘エビの頭を捨てずにだしを取り、パスタとオムライスのソースに生かすようアドバイスした。
 生徒は「輪島を知ろう」と題した総合的学習の授業として、夏休みから朝市に通って旬の食材や調理法を調べてきた。
 出来上がった料理を前に、リーダーの干場美優さん(16)は「組合員に魚介類の扱い方を習って、おしゃれな料理に仕上がった。同世代に輪島の食材をもっと知ってほしい」と笑顔を見せた。一緒に調理した朝市組合誘客プロジェクト委員長の大積美也子さん(35)は「組合でも朝市食材のレシピを考えて発信しているが、キッシュにサバを使うなど10代ならではの豊かな発想に驚かされた」と話した。

輪島・珠洲・能登金剛 ニュース

輪島・珠洲・能登金剛
イベント

輪島・珠洲・能登金剛
スポット