マグロを解体する高木さん=近江町市場

マグロを解体する高木さん=近江町市場

石川県 金沢市周辺 祭り・催し

大行燈まつり 近江町市場で女性解体師堂々

北國新聞(2018年10月12日)

 近江町市場の大行燈(あんどん)まつりは11日、同市場で始まり、特売品を買い求める人でにぎわった。初日の目玉である生本マグロの解体ショーでは、市場初の女性解体師高木涼香さん(28)が鮮やかな包丁さばきで華々しいデビューを飾った。
 地元水産会社で昨年からマグロの解体を始めたという高木さんは、他の社員とともに75キロの沖縄産本マグロを手際よく切り分けた。赤身、中トロ、大トロに分けられたマグロはその場で販売され、一時は買い物客が150メートルほどの行列を作った。
 高木さんは「大勢の前でさばくのは初めてだったが楽しかった。もっと修行して上手になりたい」と笑顔を見せた。まつりは16日まで。

金沢市周辺 ニュース

金沢市周辺
イベント

金沢市周辺
スポット