越前焼の器とそれらを使った多彩なテーブルコーディネートを紹介する企画展=福井県越前町小曽原の越前陶芸村文化交流

越前焼の器とそれらを使った多彩なテーブルコーディネートを紹介する企画展=福井県越前町小曽原の越前陶芸村文化交流

福井県 鯖江・武生・越前海岸 その他

食欲の秋彩る越前焼器100点 越前町、陶芸村で企画展

福井新聞(2018年10月14日)

 食欲の秋にぴったりの越前焼の食器を提案する企画展「美味(おい)しい器展」が、福井県越前町の越前陶芸村文化交流会館で開かれている。プロのテーブルコーディネーターが手掛けた卓上に、越前焼作家の個性あふれる食器が並んでいる。28日まで。

 越前焼の器に親しんでもらい、食卓での多彩な使い方を提案しようと毎年企画している。今回は越前焼作家13人が食器など約100点を出展。鯖江市のテーブルコーディネーター上木恵美子さん、美枝さん親子が、器を生かした卓上アレンジ5案を披露している。

 深みのある緑色の釉薬(ゆうやく)が掛かった器をメインとしたテーブルコーディネートでは、真ん中に植物を置き、キノコやおむすびの形の箸置きとともに、優しさと落ち着きのある食卓を演出した。羽のような越前和紙と食器の組み合わせなども提案している。 

鯖江・武生・越前海岸 ニュース