書や絵画、造形など多彩なアート作品が並んだ会場

書や絵画、造形など多彩なアート作品が並んだ会場

富山県 黒部・宇奈月・新川 祭り・催し

歴史空間・芸術響き合う 滑川で酒蔵アート、21日まで

北日本新聞(2018年10月15日)

 県内作家の美術作品が由緒ある屋敷内に並ぶ「酒蔵アートinなめりかわ」が14日、いずれも国登録有形文化財となっている滑川市瀬羽町の旧宮崎酒造と有隣庵で開幕した。和の歴史空間と作家たちの独創的な感性が響き合うイベントは今年で5周年を迎えた。初日から大勢が訪れ、多彩なジャンルのアート作品を楽しんだ。21日まで。

 江戸時代に北陸街道の宿場町として栄えた旧町部一帯に活気をつくろうと、NPO法人「滑川宿まちなみ保存と活用の会」と作家でつくる実行委員会が2014年から開いている。

 滑川市内の作家を中心に16人が計58点を出品した。華道の小船井美千代さんはアニメ映画「となりのトトロ」の森をイメージした大作を展示。ドライフラワーと生花で、秋の枯れ葉と春にいぶく森を対比させた。絵画の西方哲成さんは円窓に見立てた丸いキャンバスに、同市橋場町から見える富山湾や夕日の風景を描いた。

 5周年記念のチャリティー小品展では販売用の作品も30点以上並び、来場者が品定めしていた。売り上げは北海道地震の被災地に届けられる。

 問い合わせは実行委事務局、電話090(1639)8563。北日本新聞社共催。

 ◇出品者▽書=阿波加蒼岳、鈴木孤雲▽写真=大志摩洋一▽裂織=野村順子▽木工=蜷川渉▽華=小船井美千代、前佛明泉▽彫刻=佐藤忠博▽陶芸=田村美恵子▽絵画=西方哲成、笹山満義、橋本文良、水野利詩恵、綿屋偵以、坪川華乃▽造形=三隅摩里子

黒部・宇奈月・新川 ニュース