市民の憩う場所として整備された堀割広場=10月17日、福井市中央公園

市民の憩う場所として整備された堀割広場=10月17日、福井市中央公園

福井県 福井・永平寺 祭り・催し

堀割広場で初の演奏会 21日、福井市中央公園

福井新聞(2018年10月18日)

 笏谷石の石垣に囲まれた特別な空間で演奏会を楽しもう-。8月にオープンした福井市中央公園の堀割広場を活用した初めての催し「ほりわりひろばdeコンサート」が、10月21日午後1時半から開かれる。和太鼓やコカリナなど多彩な演奏が会場を盛り上げる。

 堀割広場は福井城のお堀の遺構を活用して設けた幅20・5メートル、奥行き30・2メートルの半地下空間。東西に当時の石垣を再現している。組み合わせるとステージになるベンチが置かれ、市民が集う空間を目指し整備された。

 福井城址を生かしたまちづくりを進める市民グループ「木曜お堀の会」が主催。当初は福井しあわせ元気国体開催中に開く予定だったが、台風の影響で延期していた。和太鼓の公演を皮切りに、午後2時からはコカリナ、同2時25分からはマリンバとウクレレのコンサートがある。地元の児童が育てたサツマイモを焼いて販売する。

 19、20日には公園内の休憩施設「ビジターセンター御座所」をライトアップする。

 堀割広場の予約は市公園課に申請書を提出し申し込む。問い合わせは同課=電話0776(20)5460。

福井・永平寺 ニュース