井波日本遺産推進協議会が製作したポスター=井波別院瑞泉寺

井波日本遺産推進協議会が製作したポスター=井波別院瑞泉寺

富山県 砺波・南砺・五箇山 その他

日本遺産の町に来て! 井波推進協がPRポスター製作

北日本新聞(2018年10月18日)

 5月に日本遺産に認定された南砺市の「宮大工の鑿(のみ)一丁から生まれた木彫刻美術館・井波」をPRしようと、井波日本遺産推進協議会(三谷直樹会長)は、魅力を伝えるポスターを作った。井波別院瑞泉寺で17日、お披露目した。

 ポスターはA1判で、「鑿一丁からはじまった」のキャッチコピーを中央に配し、迫力ある竜の彫刻と、井波彫刻師の手元の写真を上下にデザインした。2600枚製作し、JR東日本とJR西日本の主要駅に掲示する。首都圏では18~25日、関西圏では19~26日に張り出す。

 広く知ってもらうため、住民に配るほか、希望者には井波行政センターで、無料で配布する。

 同協議会は「思った以上に素晴らしい出来になった。全国、世界から多くの人に来てほしい」としている。

砺波・南砺・五箇山 ニュース