海鮮丼「七尾城」を紹介する店員=七尾市内の飲食店

海鮮丼「七尾城」を紹介する店員=七尾市内の飲食店

石川県 和倉・七尾・羽咋・かほく グルメ

海鮮で七尾城 重さ2・5キロの提供

北國新聞(2018年10月19日)

 七尾市魚町の飲食店「縁むすび処時々」は20日、国史跡「七尾城跡」をイメージした、重さ2・5キロの海鮮丼「七尾城」の提供を始める。七尾城は白米4合半に甘エビやイカ、マグロなど約1キロの刺し身を盛り付けた1食4人前の丼で、16日に同店で開かれた試食会では、住民5人が大皿の完食に挑んだが、食べきれなかった。
 七尾城はその大きさと堅固さで、日本五大山城の一つに数えられる。7月の開店当初から約400グラムの海鮮丼「小丸山城」がメニューにあったことから、七尾城の名を冠した商品も提供することにした。七尾にちなみ、価格は1食7700円(税込み)で、1人で30分以内に完食すると2千円分の商品券がもらえる。1日2食限定となる。

和倉・七尾・羽咋・かほく ニュース

和倉・七尾・羽咋・かほく
イベント

和倉・七尾・羽咋・かほく
スポット