ブドウなど県内外の特産物が並ぶ200日前イベントの会場

ブドウなど県内外の特産物が並ぶ200日前イベントの会場

長野県 松本・上高地・美ヶ原 祭り・催し 特産

全国都市緑化信州フェア「200日前」PR

信濃毎日新聞(2018年10月21日)

 来年4〜6月に中信地方で開く県内初の「全国都市緑化信州フェア」の会場の一つとなる塩尻市小坂田公園にある道の駅で20日、「200日前イベント」が始まった。果物や野菜など県内外の特産物を販売し、フェアをPRした。
 イベントは道の駅代表の山村匡史さん(46)が交流のある道の駅や生産者など4団体・個人に呼び掛けて実現。会場の駐車場近くには塩尻市産のブドウをはじめ、信州産牛肉のコロッケや静岡市清水区産のミカンなどが並んだ。
 フェアは松本市と塩尻市にまたがる県松本平広域公園を主会場に中信地方の公園や施設で開く予定。サテライト会場となる小坂田公園では、地元の小学生や高校生らによる花壇造りなどを予定しているという。
 山村さんはフェアの30日前近くにも特産物を販売する催しを計画しているといい「塩尻の良さを発信したい」と話している。21日も開き、午前10時半から午後4時まで。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット