内覧会で披露されたバンドウイルカの新しいショー=30日、上越市

内覧会で披露されたバンドウイルカの新しいショー=30日、上越市

新潟県 上越・妙高・糸魚川 アウトドア・レジャー

上越・うみがたり イルカショー「冬支度」11月1日から

新潟日報(2018年10月31日)

 上越市立水族博物館「うみがたり」は11月1日、舞台を水中に移した冬季限定のイルカショー「アートオブドルフィン」を始める。報道向けの内覧会が30日に開かれ、自然光が差し込む幻想的な空間で華麗に泳ぎ回るバンドウイルカの姿が披露された。

 イルカショーは従来、屋外で行われていたが、冬場は寒さが厳しいことから、水中で動き回るイルカを屋内で水槽越しに楽しめるようにした。

 ショーではイルカとトレーナーが音楽に乗りながら、ダンスを踊るように優雅に回転したり、ダイナミックに泳いだりと、息の合った動きを見せていた。飼育員がバンドウイルカの生態をクイズ形式で出題するコーナーや、来館者が参加できるハンドサインを使ったイルカとのコミュニケーションタイムも設けられた。

 2月末まで。3月からは再び屋外でのショーとなる。桜健太郎館長(47)は「夏は夏の、冬は冬の楽しさがある。新しいパフォーマンスが上越の冬の風物詩になってほしい」と話した。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット