試験点灯され、幻想的な光に包まれた「ミライエ」会場=11月1日午後6時40分ごろ、福井県敦賀市の金ケ崎緑地

試験点灯され、幻想的な光に包まれた「ミライエ」会場=11月1日午後6時40分ごろ、福井県敦賀市の金ケ崎緑地

福井県 敦賀・若狭

光の海渡って 敦賀「ミライエ」イルミネーションイベント

福井新聞(2018年11月2日)

 敦賀港の夜を彩るイルミネーションイベント「ミライエ」が11月3日、福井県敦賀市の金ケ崎緑地で始まる。1日夜に試験点灯があり、光に埋め尽くされた幻想的な空間が宵闇に浮かび上がった。

 まちづくり団体や市などでつくる「敦賀・鉄道と港」まちづくり実行委員会が企画し、今年で5年目。昨年は5万2千人が来場した。

 今年使用した発光ダイオード(LED)は、昨年より5万球多い約50万球。約70メートルの光のトンネルは金崎宮の桜になぞらえ淡いピンクに一新したほか、芝生の一部には海をイメージし約5万球の青いLEDを新たに敷き詰めた。昨年好評だったハート形や球体のイルミネーションも美しく輝いていた。

 ミライエ運営委員長の宇野精浩さん(45)は「発電用バイオ燃料の提供やLEDの飾り付けなど、多くの市民の協力のおかげで運営できる。今後も敦賀の自慢の一つとして定着させたい」と話す。

 3日は午後5時45分から点灯式が行われ、市内ダンスチームが花を添える。点灯は12月25日まで。平日は午後6時から同9時までで、土日祝日は同10時まで。

敦賀・若狭 ニュース