4日に一般公開される旧関山宝蔵院庭園=1日、妙高市関山

4日に一般公開される旧関山宝蔵院庭園=1日、妙高市関山

新潟県 上越・妙高・糸魚川 その他

名勝の滝復活 妙高・旧関山宝蔵院庭園 11月4日公開

新潟日報(2018年11月2日)

 修復整備が進む国の名勝・旧関山宝蔵院庭園(妙高市関山)の一般公開が11月4日に始まる。滝と池の修復が完了し、妙高山を借景に池に滝が流れ落ちる風景が150年ぶりによみがえった。

 庭園は1700年代に造られたとみられる。宝蔵院は神仏分離で1868(明治元)年に廃寺となった。その後、庭園は手入れが行き届かず、往時の面影は失われていた。

 妙高市による修復作業は2016年度に本格的に始まり、20年度まで続く。17年度までに滝部分の石組みを積み直し、本年度は滝の回りや池の石組みを修復した。近くの湧き水「御膳清水」を引き込み、再び滝水が常時流れるようにした。来年度以降は植栽を復元し、あずまやを整備する。

 一般公開は当初、来春を予定していたが、本年度の工事が順調に終わったため前倒しした。

 市生涯学習課は「妙高市が誇る景勝地としてPRしていきたい」としている。

 4日午前10時から市職員が現地で解説を行う。今季の見学は30日まで。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット