新潟県 長岡・寺泊・柏崎 アウトドア・レジャー

ロケ聖地へ巡礼を NGT48公認パンフ 山古志で配布

新潟日報(2018年11月5日)

 新潟県を拠点に活動するアイドルグループNGT48が長岡市山古志地域で撮影したミュージックビデオ(MV)のロケ地など3カ所を紹介する「公認」パンフレットが完成し、11月3日から配布が始まった。

 山古志地域の景観の美しさや魅力を若い世代に知ってもらおうと、山古志住民会議が制作した。

 楽曲「世界はどこまで青空なのか?」のMV撮影が行われ、ファンの間で「聖地」と呼ばれる「薬師の陵(おか)」と「にこにこひろば」をメンバーの写真付きで紹介する。新潟市出身の歌手、小林幸子さんが毎年コメ作りをする「幸子田」も、メンバーが田植えに参加した縁から、聖地に加えた。3カ所には、駅名板をモチーフにした看板を設置する。

 住民会議は「山古志の景観の美しさと、NGT48のかわいらしさを楽しめるパンフレット。ぜひ聖地巡礼に来て」と呼び掛ける。

 A3判二つ折り。限定3千部。配布は3日午前10時から山古志竹沢の「やまこし復興交流館おらたる」で1人1部。メンバーの大型パネルが設置されるほか、MVも上映する。

 問い合わせは山古志住民会議、0258(59)2301。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース