ねんりんピックの剣道で優勝した富山県Aのメンバー

ねんりんピックの剣道で優勝した富山県Aのメンバー

富山県 高岡・氷見・射水 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し アウトドア・レジャー その他

剣道、パークゴルフなどVラッシュ ねんりんピック県勢

北日本新聞(2018年11月6日)

 第31回全国健康福祉祭とやま大会「ねんりんピック富山2018」の第3日は5日、県内各地でラグビーや将棋など各種目の交流大会が行われ、県勢の優勝が相次いだ。最終日の6日は富山市のオーバード・ホールで総合閉会式があり、4日間にわたって熱戦を繰り広げたシニアの祭典は幕を閉じる。

 5日の県勢は、剣道で富山県Aが優勝し、他の2チームも2位と3位に入った。パークゴルフ団体は富山西部B、同個人は佐伯鉄善さん(68)=射水市=が制し、ボウリングの2人チーム戦は「きときと富山」が栄冠。水泳は男子25メートル平泳ぎ65~69歳の藤井利晴さん(69)=富山市、女子25メートル背泳ぎ70~74歳の深町久子さん(72)=同=が優勝し、藤井さんは前日の50メートル平泳ぎに続き2冠を達成した。サッカーの「北斗キッカーズ1959」がブロック1位となった。ラグビーの富山オールドスターズAは前日に続いて相手を零封し、2戦全勝と気を吐いた。

 ねんりんピック富山には全国から選手ら約1万人が参加し、県内全15市町村でスポーツや文化の交流大会27種目を実施。5日までにソフトボールを除く26種目を終えた。

高岡・氷見・射水 ニュース