ミラたんのパッケージがかわいい「うおづ産米おかゆ」

ミラたんのパッケージがかわいい「うおづ産米おかゆ」

富山県 黒部・宇奈月・新川 グルメ 特産

地元産米おかゆです! JAうおづ、農業祭で販売へ

北日本新聞(2018年11月8日)

 JAうおづ(海野武史組合長)は魚津産のコメを使ったレトルトのおかゆを商品化した。コメと水だけを使ったシンプルなおかゆで、アレンジ自在。1食99キロカロリーと低カロリーで、子どもからお年寄りまで食べやすい。10、11の両日に魚津市のありそドームで行われる農業祭で販売する。

 米離れが進む中、気軽に地元のコメを味わってもらおうと発案した。化学肥料を減らした環境保全米のコシヒカリを使用。賞味期限は約1年間で、電子レンジで温めるなど手間を掛けずに食べられる。

 同JAによると、カップに入ったレトルトおかゆの商品化は県内のJAでは初めて。同JAの担当者は「小腹が空いたときや子どもの離乳食にもお薦め」と話している。

 1パック250グラム入りで、216円。問い合わせは同JA営農企画課、電話0765(24)9923。

黒部・宇奈月・新川 ニュース