出荷が最盛期を迎えたシクラメン=松浦園芸

出荷が最盛期を迎えたシクラメン=松浦園芸

富山県 砺波・南砺・五箇山 花・紅葉

冬彩るシクラメン 砺波で出荷最盛期

北日本新聞(2018年11月14日)

 冬の鉢花として人気があるシクラメンの出荷が、砺波市東保の松浦園芸で最盛期を迎えている。13日もハウスに色鮮やかな花が並び、華やかな雰囲気を漂わせていた。

 ハウス4棟で約5万鉢を栽培している。ことしは夏の猛暑の影響で開花が例年より10日から2週間ほど遅いという。松浦耕平代表(36)は「気温が徐々に下がり、花の色づきがぐっと鮮明になってきた」と話した。

砺波・南砺・五箇山 ニュース