学生手作りの遊具で楽しむ園児=能美市国造保育園

学生手作りの遊具で楽しむ園児=能美市国造保育園

石川県 特産

国造ユズ紹介 能美市の特産品を遊具で紹介

北國新聞(2018年11月20日)

 金沢学院大文学部教育学科の1年生5人は19日、能美市国(こく)造(ぞう)保育園を訪れ、年中、年長の園児46人に市特産「国造ユズ」を手作りの遊具を用いて紹介した。
 市と同大が8月に結んだ包括連携協定の一環で、子どもに地元産のユズに関心を高めてもらおうと、市が同大に依頼した。
 学生は、段ボール製の果樹と、新聞紙を丸めて黄色のテープを貼り付けたユズを使い、制限時間に収穫するゲームや、独自キャラクターが登場する「ユズ姫誕生物語」のパネルシアターなどを用意。園児は学生と一緒にゲームを楽しみ、国造ユズを学んだ。
 いしかわ動物園(同市)のカピバラがユズ入り湯船につかる様子を描いたパズルも園児の人気を集めた。年長組の長祐希ちゃん(5)は「初めて国造ユズを知った。ユズのお風呂に入ってみたいな」と話した。

石川県 ニュース