外壁を幻想的に彩るデジタル掛け軸。メルヘン獅子(左)も登場した=三井アウトレットパーク北陸小矢部

外壁を幻想的に彩るデジタル掛け軸。メルヘン獅子(左)も登場した=三井アウトレットパーク北陸小矢部

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

光輝く冬の夢 小矢部、アウトレットでデジタル掛け軸

北日本新聞(2018年11月24日)

 小矢部市の三井アウトレットパーク北陸小矢部で23日、外壁をキャンバスに見立てて光のアートで包む「デジタル掛け軸~光のアートウォール~」が始まった。12月25日まで。

 昨年の秋と冬に続いて3回目。デジタル掛け軸を考案したデジタルアーティストの長谷川章さん(石川県)が手掛け、施設の外壁2面に約50台のプロジェクターを用いて、約100万枚の画像をランダムに映し出す。

 西側屋外イベントスペースで同時オープンしたスケートリンク上で点灯セレモニーがあり、タレントの鈴木ちなみさんや長谷川さんらが点灯ボタンを押した。万華鏡のように変化する光の模様に、鈴木さんは「アートの中にいるみたい」と笑みをこぼした。

 カラフルな模様が施された親獅子彫刻「メルヘン獅子」も登場し、長谷川さんは「自分だけのビュースポットを見つけてほしい。獅子とのコラボも楽しんで」とPRした。

 24日はプロフィギュアスケーターの鈴木明子さんによるスペシャルレッスンやトークショーが行われる。

 投影は日没から午後9時まで。スケートリンクは来年1月6日まで。

砺波・南砺・五箇山 ニュース