いわいさん(左)から助言を受ける参加者=野々市市の「学びの杜ののいちカレード」

いわいさん(左)から助言を受ける参加者=野々市市の「学びの杜ののいちカレード」

石川県 祭り・催し

段ボールで「夢の家」 ののいちカレード1周年記念

北國新聞(2018年11月25日)

 野々市市の「学びの杜ののいちカレード」の開館1周年記念事業ワークショップ「ダンボールでつくろう!100かいだてのいえ」(本社など後援)は24日、同所で始まり、親子連れら約100人が段ボールに絵を描くなどして自分好みの夢の家を創作した。
 絵本「『100かいだてのいえ』シリーズ」の著者・いわいとしおさんが講師を務めた。参加者は縦約20センチ、横約70センチの段ボールに虹や動植物、ロケットなどを描いて「空想の家」を仕上げた。
 25日も行われる。12月1~25日は「いわいとしおの絵本と手作りおもちゃの世界展」(本社など後援)が開かれ、ワークショップの参加者が手掛けた作品も並ぶ。期間中も創作を体験でき、参加者の「空想の家」を組み合わせて一つの作品を完成させる。1日はいわいさんの講演会もある。

石川県 ニュース