昔ながらの手法でサトイモの洗い上がりを競ったコンテスト

昔ながらの手法でサトイモの洗い上がりを競ったコンテスト

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し 特産

サトイモ ピカピカに 井波で全日本いも洗いコンテスト

北日本新聞(2018年11月26日)

 南砺市山野地区(井波)の特産サトイモをPRする「ぐるめフェスタinいなみ 山野のさといもDAY(だあ~い)」が25日、JAとなみ野井波中央支店周辺で開かれ、恒例の全日本いも洗いコンテストで会場を盛り上げた。

 コンテストには、2人一組で市内外の25チームが参加。木製のたるに水とサトイモ4キロを入れ、「かい」と呼ばれる木製器具でかき回す昔ながらの手法で洗い、仕上がりぶりを競った。制服やドレスなどの衣装に身を包み、会場を沸かせるグループも目立った。

 ことしのサトイモは夏の暑さのため生育が進まず小ぶりになったものの、強い粘りや甘みは例年通りという。会場には約6トンを用意。袋に詰め放題のコーナーは長蛇の列ができ、午前中に完売した。

 サトイモを使った料理や地元の特産品なども販売された。

 JAとなみ野や山野さといも組合などでつくる実行委員会が開いた。北日本新聞社後援。

 【全日本いも洗いコンテスト】◇男子の部▽金賞=さといもブラザーズ▽銀賞=西遊記▽銅賞=Ohyama姉妹▽特別賞=あねさんとボク◇女子の部▽金賞=ダンシングイーモー▽銀賞=にっしー▽銅賞=タカサチペア▽特別賞=サンサンチーム

 【さといも増収競技会】▽最優秀賞・北日本新聞社賞=斉藤正夫▽優秀賞=斉藤昭夫、高屋さといもの会

砺波・南砺・五箇山 ニュース