街路樹がイルミネーションで彩られた中央通り=24日午後5時46分、長野市新田町

街路樹がイルミネーションで彩られた中央通り=24日午後5時46分、長野市新田町

長野県 長野市周辺 祭り・催し

光の道、門前のおもてなし 善光寺表参道イルミネーション

信濃毎日新聞(2018年11月27日)

 長野市街地で24日始まった初の「長野デザインウィーク〜善光寺表参道イルミネーション〜」。主催する市などの実行委員会は12月25日までの期間中、長野駅前から善光寺への表参道に当たる中央通りの電飾に加え、同駅前の装飾、休憩場所の設置、ジビエ(野生鳥獣肉)料理の提供といった仕掛けで観光客らを誘い、もてなそうとしている。

 駅前広場は市民有志の「長野駅善光寺口利活用ネットワーク」が担当。如是姫(にょぜひめ)像の横に市内の作家が手掛けたハスのオブジェなどを置き、夜は照明を当てる。市内の認定こども園ひかり園の子どもら約140人のメッセージも飾った。

 市ガイド協会(電話026・225・9911)は「TOiGO(トイーゴ)」(問御所町)で交流サロンを運営。表参道で夜のツアー(3日前までに予約が必要)も開く。

 中央通りの約1・8キロは、約160本の並木が電飾されて金色の線が引かれたよう。散策に訪れた市内の会社員伊地知聖士(さとし)さん(57)、純子さん(46)夫妻は島根県から引っ越したばかり。「初めての長野の冬。寒いけれど明るくてきれい」と眺めていた。

長野市周辺 ニュース