トチの実を使ったクッキーを手がけた地元おうえん隊の東さん(左)とカフェ・アルカンシェルの清水店長=福井県小浜市府中の同店

トチの実を使ったクッキーを手がけた地元おうえん隊の東さん(左)とカフェ・アルカンシェルの清水店長=福井県小浜市府中の同店

福井県 敦賀・若狭 スイーツ

トチの実クッキー風味、食感豊か おおい住民団体ら開発

福井新聞(2018年12月1日)

 福井県おおい町の魅力PRなどに取り組む住民団体「地元おうえん隊」が、小浜市のカフェの協力を得てトチの実を使ったクッキーを作った。トチの実の風味や食感を生かした商品に仕上がり、同隊のメンバーは「コーヒーに合うとても良いものができた」と喜んでいる。

 おおい町名田庄地区で採れるトチの実。餅にして食べるのが一般的だ。ただ保存が利きにくいことや、あまり若者に食べられていない背景もあり、同隊のメンバーが、他の食べ方を模索。メンバー内で相談した結果、保存の利くクッキーに活用することにした。メンバーの一人がよく足を運んでいた小浜市の「カフェ・アルカンシェル」に製造を依頼した。

 同店の清水文子店長(41)も「地域に貢献できるなら」と快諾し、今夏から試作に取り組んだ。使うトチの実は、同町川上のとちもち屋にあく抜きなど加工をしてもらった。
 「使ったことがない素材だったので味を引き出すのが難しかった」と清水店長。試作品を何度も作り、その度に同隊のメンバーから意見をもらっては試行錯誤を重ねて完成させた。

 出来上がったクッキーは、プレーンと黒糖の2種類。トチの実の食感を生かしたほか、周りにグラニュー糖をつけて甘さを出しながら、トチの実独特のほろ苦さも引き出している。クッキーの厚さは2・5センチと、同店の人気商品と統一し、店の"色"も加えた。

 クッキーは、11月25日に同町名田庄小倉のあきない館前で開かれた「じねんじょ祭り」で販売した。「トチの実の風味が後で来る」「おいしい」などと上々の評判だったという。

 今後、定期販売は予定していないが、同隊の東美香さん(53)=同町=は「こんなに良いものができた。またイベントがあるときには、依頼して作ってもらいたい」と話していた。

敦賀・若狭 ニュース