店先にずらりと並んだ新巻きザケ=富山市柳町

店先にずらりと並んだ新巻きザケ=富山市柳町

富山県 富山・八尾 グルメ

新巻きザケ天日干し 富山の鮮魚店

北日本新聞(2018年12月3日)

 師走の風物詩である新巻きザケの天日干しが2日、富山市内の鮮魚店で始まった。寒空の下、店先に並んだサケ約600本が日差しに照らされ銀色に輝いた。

 富山市柳町の「鮮魚河瀬」(河瀬聡社長)では従業員12人が午前4時から、塩漬けしたサケを水洗いし、口に荒縄を結んで台車につるした。約5日間風にさらし、うま味を引き出して完成する。主に贈答用で、1本3~5キロあり、価格は5千~2万円。7日から販売する。

富山・八尾 ニュース