特設スクリーンの映像や電飾が商店街を彩るイルミフェスタ=阿賀野市

特設スクリーンの映像や電飾が商店街を彩るイルミフェスタ=阿賀野市

新潟県 新発田・月岡・阿賀野 祭り・催し

きらめく師走の商店街 電飾で600メートル彩る 阿賀野

新潟日報(2018年12月6日)

 新潟県阿賀野市中央町の水原本町商店街を、約600メートルにわたって発光ダイオード(LED)で照らす「水原本町商店街イルミフェスタ」が今年も始まった。師走の商店街がきらびやかな光で彩られ、買い物客らが散策を楽しんでいる。

 フェスタは書き入れ時の商店街で楽しく買い物をしてもらい、にぎわい創出につなげようと水原商工会が企画し、5回目。アーケードや、店舗と住宅16軒の外壁が赤や白、クリスマスツリーをイメージした電飾で彩られた。

 初日の12月1日は商店街近くの天朝山公園で商工会青年部主催の点灯式があり、集まった市民がカウントダウンをすると、ピンクのイルミネーションがついた。商店街の一角の特設スクリーンには、流れ星や瓢湖の白鳥の映像が映され、訪れた人々が「きれいだね」と立ち止まって眺めていた。市内の小学1年女子児童(6)は「流れ星の映像がきれいで感動した。商店街を歩くのが楽しい」と話した。

 点灯期間は1月6日までの午後4時半~8時。期間中、参加店を表彰するイルミネーションコンテストの投票も受け付けている。問い合わせは水原商工会、0250(62)2047。

新発田・月岡・阿賀野 ニュース