新たに設置されイルミネーションで彩られた「ゆめちゃん」=福井県勝山市昭和町1丁目

新たに設置されイルミネーションで彩られた「ゆめちゃん」=福井県勝山市昭和町1丁目

福井県 勝山・大野 祭り・催し

ゆめおーれイルミに「織姫」降臨 勝山市、2月末まで

福井新聞(2018年12月7日)

 福井県勝山市のはたや記念館ゆめおーれ勝山で恒例のイルミネーションが行われている。今年は新たに同館のイメージキャラクターも加わり、華やかさが増している。来年2月末まで。
 
 イルミネーションは国の近代化産業遺産となっている同館の周辺を会場に毎冬行い、勝山の冬の名所として定着した。

 「織姫・冬物語」をテーマに、イメージキャラクター「織姫・ゆめちゃん」のオブジェ(高さ2メートル)を新たに製作。南側の広場に設置し、周囲を発光ダイオード(LED)などで彩った。
 
 広場樹木などにはシャンパンゴールドやホワイトのLED約1万3千球も取り付けられ、レトロな建物の外観を幻想的な光で彩っている。

 毎日午後4~10時に点灯。クリスマス、年末年始、勝山左義長まつり(2月23、24日)は深夜の午前0時まで延長する。

 市ではクラウドファンディングでゆめちゃん製作費の寄付を募っている。1月10日まで。目標金額は100万円。問い合わせは市ふるさと創生・移住課=電話0779(88)8130。

勝山・大野 ニュース