「くだものがかり」と菓子店が共同で開発したイチゴスイーツ3品

「くだものがかり」と菓子店が共同で開発したイチゴスイーツ3品

福井県 敦賀・若狭 スイーツ

イチゴスイーツ3品開発 おおいの観光農園で販売

福井新聞(2018年12月10日)

 福井県おおい町小車田のイチゴ観光農園「いちごめぐり」を運営する合同会社「くだものがかり」と、同町大島の菓子店「ディジェール」が、共同でイチゴのスイーツ3種類を開発した。
 
 製造したのは、パイとシフォンケーキ、ラングドシャ。パイは同農園のイチゴをふんだんに使ったぜいたくな一品。シフォンケーキは生地にイチゴを練り込み、甘い香りと優しい口溶けが特徴だ。ラングドシャはかわいらしいクマのデザイン。ホワイトチョコでイチゴジャムを挟んでいる。
 
 いずれも税込みで、パイは400円。シフォンケーキは250円(イチゴクリーム入りは300円)。ラングドシャは120円。同農園で販売しており、パイとシフォンケーキは土日のみ。

敦賀・若狭 ニュース