虹色に照らされたオープンギャラリー=アートハウスおやべ

虹色に照らされたオープンギャラリー=アートハウスおやべ

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

冬のギャラリー カラフル 小矢部アートハウスで環境造景展

北日本新聞(2018年12月15日)

 環境造景展「冬のアートガーデン」が15日、小矢部市のアートハウスおやべで始まる。14日は、ガラス張りのオープンギャラリーをさまざまな色の光で彩るインスタレーション作品などの試験点灯が行われた。

 光のインスタレーションは、中学校美術教諭の畠山雅弘さん(小矢部)と薮陽介さん(砺波)でつくるアートユニット「ニュートラル プロダクション」が手掛けた。オープンギャラリーの壁とガラス張りの屋外を計10基の照明で照らし、虹色など10パターンが楽しめる。

 屋外ではアートハウスおやべのワークショップで子どもたちが模様を描いたコーンに光を当てる「ライトガーデン」を実施。職員が飾ったイルミネーションも並んでいる。

 午後5~9時までライトアップする。

 冬のアートガーデンは来年2月17日まで。水曜休館。北日本新聞社後援。

砺波・南砺・五箇山 ニュース