新湊大橋の奥に姿を見せた立山連峰=16日午前11時半ごろ、富山新港上空、本社チャーターヘリから

新湊大橋の奥に姿を見せた立山連峰=16日午前11時半ごろ、富山新港上空、本社チャーターヘリから

富山県 その他

橋梁と稜線 美の競演 富山で冬日、今季初

北日本新聞(2018年12月17日)

 16日の県内は放射冷却の影響で朝の冷え込みが厳しく、全10観測地点で最低気温が0度を下回る「冬日」となった。雲が多かったものの、日中は時折太陽の光が差し込み、射水市の富山新港上空からは、新湊大橋の奥に、雪化粧した立山連峰の稜線(りょうせん)が輝いて見えた。

 富山地方気象台によると、最低気温は富山で氷点下0.6度、高岡(伏木)で同1.1度など、全観測地点で今季最低を記録した。富山は今季初の冬日だった。

富山県 ニュース