ランニング練習に励む宮田代表(手前)らアバンテのメンバー=富山市総合体育館

ランニング練習に励む宮田代表(手前)らアバンテのメンバー=富山市総合体育館

富山県 富山・八尾 アウトドア・レジャー その他

大みそかに走り納め チームアバンテ

北日本新聞(2018年12月18日)

■県総合運動公園で初のマラソン大会

 富山市を拠点に活動するスポーツチーム「チームアバンテ」(宮田真一代表)は31日午前9時から、同市の県総合運動公園で初のマラソン大会を開く。一年の走り納めとして気持ち良く汗をかいてもらおうと実施する。宮田代表は「初心者や家族連れも気軽に参加してほしい」と呼び掛けている。 (報道センター・藤木優里)

 チームアバンテはトライアスロンに一緒に取り組むことを目的に昨年発足した。現在は登山やロードバイク、トレイルランなどの愛好者も加わり、20~50代の男女約120人が所属する。これまで自転車や水泳などの練習会を開いてきたが「初心者にはハードルが高い」との声があり、誰でも楽しめるマラソンイベントを企画した。

 タイムは自己申告制。公園内のクロスカントリーコース(2・1キロ)の周回数によって5種目を設けた。宮田代表は「マラソンをきっかけに、いろいろなスポーツに興味を持ってもらえればうれしい」と話した。

 申し込み不要で参加無料。31日午前8時半以降に公園内のアルペン広場前で受け付け、同9時~午後2時に自由に走ってもらう。大会の詳細や問い合わせは同チームのホームページ、http://t-avante.jp/

富山・八尾 ニュース