神門の汚れを落とす神職と巫女=尾山神社

神門の汚れを落とす神職と巫女=尾山神社

石川県 金沢市周辺 祭り・催し

新年へ神門すっきり 金沢・尾山神社ですす払い

北國新聞(2018年12月20日)

 金沢市の尾山神社で19日、すす払い神事「清殿祭(せいでんさい)」が営まれ、神職らが一年の平穏に感謝を込めて神門の汚れを清めた。
 拝殿で宮谷均禰宜(ねぎ)が祝詞を奏上し、巫女(みこ)が「豊栄(とよさか)の舞」を奉納した。引き続き、神職と巫女の5人が浄化作用があるとされる長さ4メートルのクロダケを使い、天井や欄間などにたまったほこりを払った。齋藤政裕権禰宜は「来年は平成最後の特別な年になる。多くの人にすがすがしい気持ちで初詣に来てもらいたい」と話し、新年を迎える準備を進めた。21日は神門のしめ縄を取り換える。

金沢市周辺 ニュース