会見でユニホームを着た大谷選手(中央)と秋山学長(左)、黒部強化部長=金沢学院大

会見でユニホームを着た大谷選手(中央)と秋山学長(左)、黒部強化部長=金沢学院大

石川県 金沢市周辺 アウトドア・レジャー

金沢学院大・大谷「勝利に貢献」 J3富山入団会見

北國新聞(2018年12月21日)

 J3・カターレ富山に来季加入する金沢学院大人間健康学部スポーツ健康学科4年のFW大谷駿斗(はやと)選手(21)=白山市出身、松任高OB=が20日、同大で会見した。同大から初のJリーガーとなる大谷選手は「たくさん点を取って勝利に貢献できる選手になりたい」と決意を新たにした。
 173センチ・64キロ。背番号27。7月にJリーグ特別指定選手に承認され、すでにJデビューを果たしている。8試合(いずれも途中出場)無得点。大谷選手は会見を見守った父健一さん(55)、母和美さん(49)、サッカー部の飯高登起康監督や部員への感謝を示し「活躍こそが恩返し」と意気込んだ。
 同席したカターレ富山の黒部光昭強化部長(元日本代表FW)は「3日間の練習参加で見せたスピードが獲得の決め手」と100メートル10秒台の俊足を評価した上、「課題もあるが、ポテンシャルは計り知れない」と期待した。
 秋山稔学長は「学業も優秀な文武両道の学生。大きく育てていただけると確信している」と飛躍を願った。

金沢市周辺 ニュース