水中のサンタとジャンケンする来場者=12月22日、福井県坂井市三国町の越前松島水族館

水中のサンタとジャンケンする来場者=12月22日、福井県坂井市三国町の越前松島水族館

福井県 あわら・坂井 アウトドア・レジャー

水中サンタとジャンケン勝負 坂井市の越前松島水族館

福井新聞(2018年12月23日)

 福井県坂井市の越前松島水族館で12月22日、クリスマス恒例の「水中サンタとのジャンケン大会」が開かれた。来館者は水槽の中のサンタと賞品を懸けて真剣勝負を繰り広げた。

 イワシやサメ、エイなど約2500匹が泳ぐ海洋館の大水槽に、サンタ姿の飼育員がゆらゆらと登場。ジャンケンが始まると、水槽前に集まった親子連れら約150人は大きな歓声を上げ、勝敗に一喜一憂していた。

 最後まで勝ち残り、イルカのぬいぐるみをもらった富山県富山市の園児(6)は「水の中にいるサンタを見たのは初めて。ジャンケンができて楽しかった」と笑顔いっぱいだった。

 水槽内には高さ約3メートルのツリーも設置されており、大会後は、参加者が酸素ボンベをくわえたユニークなサンタと記念撮影する姿も見られた。

 ジャンケン大会は23~25日も午後1時から開かれる。

あわら・坂井 ニュース