サンタ姿で滑りを楽しむ子どもたち=12月24日、福井県勝山市のスキージャム勝山

サンタ姿で滑りを楽しむ子どもたち=12月24日、福井県勝山市のスキージャム勝山

福井県 勝山・大野 アウトドア・レジャー

クリスマスがやってきた サンタ仮装で滑走 ジャム勝山

福井新聞(2018年12月25日)

 ゲレンデにサンタクロース集合―。福井県勝山市のスキージャム勝山で12月24日、スキーヤー、スノーボーダーがサンタやトナカイ姿になって滑走を楽しむイベントが行われた。

 クリスマスを楽しんでもらおうとスキー場が1日リフト券を無料として呼び掛け、県内外から約150人の若者グループや親子連れが訪れた。

 この日は積雪が足りずに幅20~30メートル、長さ約600メートルの人工雪コースのみの営業となったが、参加者たちは心躍らせ滑りを満喫した。

 大野市から家族3人で訪れた参加者(35)は「コスプレも面白いし、みんなで一体感がある。子どもにも経験させたいと思った」と笑顔を見せた。

 日中は青空が広がる時間帯も多く、赤色のサンタの衣装が真っ白なゲレンデに映えた。

勝山・大野 ニュース