太田会長が出品する堀川敬周筆の軸

太田会長が出品する堀川敬周筆の軸

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

お宅の「天神様」飾ります 1月19、20日高岡山町筋で祭

北日本新聞(2018年12月27日)

 来年1月19、20の両日に高岡市の山町筋一帯で、山町筋の天神様祭が開かれる。主催する「土蔵造りのある山町筋まちづくり協議会」(太田浩司会長)は、会場となる町家に展示する「天神様」の軸や人形を募集している。

 山町筋の天神様祭は、国の重要伝統的建造物群保存地区である山町筋の魅力を発信しようと毎年開き18回目。天神様として親しまれる菅原道真の軸や人形を飾り、高岡で盛んな天神信仰を伝える。

 今回は土蔵造りの町家や商店のショーウインドーなど約30カ所に、住民の所蔵品などを展示。太田会長は江戸期に高岡で活躍した絵師、堀川敬周筆の軸を出品する。このほか、市内外から広く天神様を募っており、太田会長は「歴史ある山町の家で、代々大切にしてきた品を飾ってみませんか」と呼び掛けている。

 19日は高岡御車山(みくるまやま)会館で、中島利明北日本新聞社相談役が「謎解き、不思議発見 たかおか歴史の旅」と題して講演する。入場無料。20日は市土蔵造りのまち資料館で、横山美智子同市平米小学校教頭を講師に迎え、寺子屋天神講を行う。北日本新聞社共催。

 問い合わせは協議会事務局(たかまち鑑定法人)、電話0766(22)3360。

高岡・氷見・射水 ニュース