友森さん(左)が再現した映画内の料理

友森さん(左)が再現した映画内の料理

長野県 松本・上高地・美ヶ原 グルメ

映画の仏料理を再現 塩尻の料理店、市内上映に合わせ

信濃毎日新聞(2018年12月27日)

 塩尻市の映画館「東座(あずまざ)」で、世界的に有名なフランス料理のシェフ、アラン・デュカスさん(62)を追った映画を公開しているのに合わせ、作品に登場する料理の再現メニューを市内のフランス料理店「ラ・メゾン・グルマンディーズ」で提供している。同店シェフの友森隆司さん(40)が、野菜など塩尻産食材をふんだんに使って仕上げる。

 映画は「アラン・デュカス宮廷のレストラン」。ベルサイユ宮殿内にレストランを開くに当たり、最高の料理や食材を求めて世界中を巡る様子を約2年間追い掛けたドキュメンタリーだ。

 料理は「映画のサンプルDVDを何度も一時停止し、作り方を研究した」と友森さん。詳しい調理手順が触れられていない料理もあるが、食べる場面のナイフの入り具合で硬さを判断したという。

 友森さんは作中の6品を再現した。ジビエのパイは市内で捕れた鹿とイノシシの肉を使い、塩尻産赤ワインで作ったソースをかけた。葉物野菜を入れたオムレツは、デュカスさんが来日時にテレビ番組内で作ったメニューを参考にした。

 3品のランチ(税込み1800円)と、6品のディナー(同4千円)がある。映画のチケット(一般1400円)と一緒に東座(電話0263・52・0515)へ予約する。上映と料理の提供は来年1月11日まで。ともに12月31日と1月1日は休み。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット