境内に設置されたぼんぼり=羽咋市滝谷町の妙成寺

境内に設置されたぼんぼり=羽咋市滝谷町の妙成寺

石川県 和倉・七尾・羽咋・かほく 祭り・催し

ぼんぼり150基設置、羽咋の妙成寺

北國新聞(2018年12月29日)

 羽咋市滝谷町の日蓮宗本山妙成寺(みょうじょうじ)で28日までに、境内に約150基のぼんぼりが設置され、初詣の参拝客を迎える準備を整えた。
 国重要文化財の二王門や五重塔、本堂などの周囲には「新年を明るく」との願いが込められたぼんぼりが立てられ、迎春ムードが漂った。
 1月1~3日の開門時間は午前8時~午後4時半で、同4時まで特別祈願を受け付ける。本堂前では1、2日に午前10時と午後2時の2回、「寒水大荒行(かんすいだいあらぎょう)が行われ、下帯姿の僧侶が水をかぶって身を清める。

和倉・七尾・羽咋・かほく ニュース

和倉・七尾・羽咋・かほく
イベント

和倉・七尾・羽咋・かほく
スポット