ゴンドラ乗り場に並んだ大勢のスキーヤーやスノーボーダー=イオックス・アローザスキー場

ゴンドラ乗り場に並んだ大勢のスキーヤーやスノーボーダー=イオックス・アローザスキー場

富山県 砺波・南砺・五箇山 アウトドア・レジャー

県内スキー場にぎわう 6カ所滑走OK

北日本新聞(2018年12月31日)

 「年末寒波」による降雪で県内スキー場がようやく滑走可能となった。30日は南砺市才川七(福光)のイオックス・アローザスキー場が全面滑走可能となり、待ちわびたスキーヤーやスノーボーダー約1600人が滑りを楽しんだ。

 県内スキー場は今月下旬から相次いでオープニングセレモニーを行ったが、雪不足でリフトやゴンドラを稼働していなかった。寒波の影響で雪が積もり、29日から多くのスキー場で実質的な営業が始まった。

 イオック・アローザスキー場では29日に部分滑走、30日に全面滑走が可能となった。30日は午前中から家族連れや若者が大勢訪れ、ゴンドラ乗り場に長い列をつくり、白銀のゲレンデを気持ち良さそうに滑り降りていた。

 家族で訪れた高岡市戸出町の山田晃士(こうし)君(10)は「うまく曲がることができるようになって楽しかった」と笑顔を見せていた。

◇滑走できる県内のスキー場=立山山麓、あわすの、牛岳温泉、イオックス・アローザ、たいら、タカンボー

砺波・南砺・五箇山 ニュース