雪化粧した名園を散策する入園者=兼六園

雪化粧した名園を散策する入園者=兼六園

石川県 金沢市周辺 その他

雪化粧の兼六園満喫 3日まで無料開放

北國新聞(2019年1月1日)

 兼六園で31日、年末年始の無料開放が始まり、正月をふるさとで過ごす帰省客や観光客らが雪化粧した名園の散策を楽しんだ。寒空の下、徽軫灯籠(ことじとうろう)や雪づりの前では家族連れらが記念撮影し、冬の趣を満喫した。
 石川県金沢城・兼六園管理事務所によると、午後5時までの入園者数は昨年より1100人多い1万5200人。31日から1日にかけては夜通しで開園された。
 無料開放は3日までの午前8時から午後5時まで。園内にある時雨亭と金沢城公園の玉泉庵はいずれも3日まで、鶴の丸休憩館の豆皿茶屋は1日がそれぞれ休業日となる。

金沢市周辺 ニュース