女性向けにデザインされた菅笠の帽子やブローチなどの新商品

女性向けにデザインされた菅笠の帽子やブローチなどの新商品

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し 特産 その他

福岡町特産のおしゃれ菅笠いかが 東京で発表会

北日本新聞(2019年1月11日)

 高岡市福岡地域特産となっている菅笠(すげがさ)の新商品発表会が10日、東京・日本橋室町の県アンテナショップ「日本橋とやま館」で開かれ、女性向けにデザインされたカラフルな帽子やブローチなど28種類を百貨店や生活雑貨店のバイヤーにPRした。新商品は13日まで同館で展示販売する。

 2017年11月に国の伝統的工芸品の指定を受けてから1周年を記念し、首都圏の販路を広げようと高岡市商工会などが開いた。

 新商品はピンクや緑色に手染めした帽子「マカロン」や、菅笠の材料を束ねるスゲの芯を使って柔らかく仕上げた「すげ編み帽子」、イヤリング、ブローチ、菓子皿、名刺入れなどで、約6年ほど前から少しずつ地元で製作してきたという。

 発表会の冒頭、石澤義文県商工会連合会長が「若い世代や女性に使ってもらえる努力を重ねたい」とあいさつ。橘慶一郎復興副大臣らが祝辞を述べた。来場したバイヤーからは、「生活の中でどのように使うかを提案していけば、(売れる)可能性は大きい」との声が聞かれた。

 コイのエキスを使った飲料や、安納芋のポタージュなど食の特産品も紹介された。菅笠の商品は手作りで大量生産が難しいため、当面はこうした展示販売を通じ認知度を高めつつ、受注生産で対応する。

高岡・氷見・射水 ニュース