映画「ミッドナイト・バス」を上映している高田世界館。12日から竹下昌男監督の「ジャンプ」も上映される=10日、上越市

映画「ミッドナイト・バス」を上映している高田世界館。12日から竹下昌男監督の「ジャンプ」も上映される=10日、上越市

新潟県 上越・妙高・糸魚川 その他

映画館の趣も堪能 高田世界館 ミッドナイト・バス上映

新潟日報(2019年1月15日)

 新潟県が舞台の映画「ミッドナイト・バス」が、上越市本町6の映画館「高田世界館」で上映されている。12日からは同作品の竹下昌男監督のデビュー作「ジャンプ」も1週間限定で上映される。

 ミッドナイト・バスは、原田泰造さん演じる夜行バスの運転手と、家族の再生の物語。新潟日報社の創業140年記念として製作され、昨年1月に全国で公開された。

 ジャンプは竹下監督と原田さんの初タッグ作の恋愛ミステリー。ある日、突然失踪してしまった恋人を探す主人公の心模様を描いている。

 「現役の映画館では日本最古」とされる高田世界館での上映について、竹下監督は「歴史深い趣のある映画館なので、映画の雰囲気も変わって楽しめると思う」と話している。

 火曜日休館。それぞれ一般1300円など。1日で2作以上鑑賞すると割引がある。問い合わせは高田世界館、025(520)7626。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット