約2年半ぶりに一般公開され、多くの見学者が集まった旧新潟税関庁舎=12日、新潟市中央区柳島町2

約2年半ぶりに一般公開され、多くの見学者が集まった旧新潟税関庁舎=12日、新潟市中央区柳島町2

新潟県 新潟・岩室 祭り・催し

明治の息吹そのままに 旧新潟税関改修終え公開

新潟日報(2019年1月15日)

 旧新潟税関庁舎(新潟市中央区柳島町2)が耐震補強などの改修工事を終え、12日、一般公開が始まった。周辺では記念イベントが開かれ、約2年半ぶりの公開を待ち望んだ市民らでにぎわった。

 旧新潟税関庁舎は1869(明治2)年に建築され、開港5港の中で唯一現存する税関庁舎。市歴史博物館(みなとぴあ)の敷地内にあり、国の重要文化財に指定されている。

 この日は鏡開きなどのセレモニーが開かれたほか、中央部の塔屋を特別公開した。基礎をコンクリートで補強し、壁の内部に合板を埋め込むなどの改修工事を写真付きで紹介する企画展も始まった(3月17日まで)。

 初めて塔屋に入った三条市の会社員男性(56)は「明治時代と同じような姿が見られて感動した。当時のデザインを守り、文化を守ろうとする姿勢は素晴らしい」と満足していた。

新潟・岩室 ニュース