展示されたイノシシに関する標本や写真

展示されたイノシシに関する標本や写真

富山県 富山・八尾 祭り・催し

えとのイノシシの生態紹介 富山市科学博物館

北日本新聞(2019年1月15日)

 今年のえとにちなみ、イノシシに関する展示が富山市科学博物館で開かれ、その生態やイノシシの名が入った植物などを紹介している。2月3日まで。

 イノシシの剥製と頭骨、説明パネルなどを展示したほか、イノシシの親子を撮影した映像を流している。県内で増えているイノシシの分布図や農産物の被害状況の写真なども並べた。

 イノシシが食べるほど大きなウドという意味の「ミヤマシシウド」や、イノシシの手を思わせる「イノデ」などの植物の標本と写真、「猪肉石」と呼ばれる岩石も展示している。

富山・八尾 ニュース