シシ鍋を作る杉田さん(右)と小澤さん

シシ鍋を作る杉田さん(右)と小澤さん

富山県 黒部・宇奈月・新川 祭り・催し グルメ 特産

イノシシ肉と名水ポーク食べ比べ 黒部で鍋対決イベント

北日本新聞(2019年1月16日)

 黒部市内で捕獲したイノシシを使ったシシ鍋と、市特産の黒部名水ポークの鍋を食べ比べるイベントが19日に同市で開かれる。本番を前に、シシ鍋の試食会が15日、同市宮沢で行われ、関係者が味を確かめた。

 イベントは、黒部市への移住者でつくるグループ「黒部のとびら」と、市地域おこし協力隊の杉田晋一さん(34)=奈良県出身、小澤泰史さん(31)=愛知県出身=が、黒部の自然の恵みを感じながら、移住者と市民が交流できる場をつくろうと企画した。今年のえとがイノシシで、2月に市内でNPO法人新川地区獣肉生産組合の獣肉加工施設が稼働することから、ジビエの魅力を知ってもらおうという思いも込めた。

 19日午前11時から、同市中新の「ジビエぎょうざ家」で開き、シシ鍋と黒部名水ポークの鍋をそれぞれ200食程度作る。イノシシは「一般社団法人 狩猟屋」(同市宮沢)の村井悟史代表理事(40)が、今月上旬に市内で捕獲したもので、野菜なども地元産を使う。移住・定住に関するアンケートに回答すると、無料で味わえる。鍋対決用のボードを用意し、おいしいと思った方にシールを貼ってもらう。

 試食会は「狩猟屋」のジビエ精肉施設で開かれ、同グループのメンバーや地域住民らが参加。村井代表理事のアドバイスを聞き、杉田さんと小澤さんがイノシシの肉を鍋に入れるタイミングや温度などを確かめながらシシ鍋を作った。自ら試食した杉田さんと小澤さんは「食感もよく、思っていた以上においしくできた。当日はぜひ多くの人に食べてもらいたい」と話した。

 イベントの問い合わせは同協力隊(市企画政策課内)、電話0765(54)2115。

黒部・宇奈月・新川 ニュース