長野県 伊那路 温泉 その他

温泉と楽しめる「氷の壁」 阿智の旅館、ライトアップも

信濃毎日新聞(2019年1月24日)

 阿智村浪合の温泉旅館「不動温泉華菱(はなびし)」の露天風呂近くに巨大な氷の造形が現れ、客の目を引いている=写真。沢沿いに幅約15メートル、高さ6〜7メートルにわたり、つららが連なる様子は圧巻で、まるで氷の壁。今週は冷え込みが予想されるため、同旅館は温泉とともに楽しんでほしいとしている。

 斜面に組んだやぐらに木の枝を付け、沢の水を霧状にして吹き付けている。標高約1000メートルにあり、氷点下15度まで下がることもある寒さを活用しようと、30年ほど前に始めた。

 今季は昨年末に作業を開始。担当した北原閲志(えつし)さん(67)は「気温がなかなか下がらず苦戦したが、完成して良かった」。夜はライトアップし、2月ごろまで楽しめそうという。

 入浴すると見ることができる。日帰り入浴は午前11時〜午後6時、11歳以上800円、3〜10歳は400円。

伊那路 ニュース