雪だるまを作り、サバンナの八木さん(中央)と喜ぶ地元の子どもたち=1月27日、福井県勝山市のスキージャム勝山

雪だるまを作り、サバンナの八木さん(中央)と喜ぶ地元の子どもたち=1月27日、福井県勝山市のスキージャム勝山

福井県 勝山・大野 アウトドア・レジャー

雪だるま作り、ギネスに挑戦 福井・ジャム勝山

福井新聞(2019年1月29日)

 福井県勝山市のスキージャム勝山で1月27日、雪だるまを作るイベントが開かれ、参加者が"世界記録"の数を目指して雪を丸めた。「たむけん」の愛称で親しまれるたむらけんじさん、サバンナの八木真澄さんらお笑い芸人5人が駆けつけ、一緒に作って会場を盛り上げた。

 同スキー場のオープン25周年イベントとして企画。1時間で球体三つ、高さ90センチ以上の雪だるまを次々と作った。世界記録は2036体。ギネス非公認のイベントながら約300人が参加した。朝はさらさらの雪が積もったため、参加者は雪を丸くするのに悪戦苦闘。さまざまな形の雪だるまが出来上がり、結果は130体で世界記録には遠く及ばなかった。

 それでも、母親と参加した勝山市の兄弟は「楽しかった。うまくできた」と満足げ。たむらさんは「子どもたちが一生懸命作ってくれて途中から記録はもうええって思った。楽しい時間を過ごせた。皆さん、ばいちゃ~」とギャグを交えて締めくくった。

勝山・大野 ニュース