新潟県 新潟・岩室

新潟・石本酒造 地元産米の普通酒復活 越乃寒梅限定発売

新潟日報(2019年1月31日)

 石本酒造(新潟県新潟市江南区)は、地元大江山地区産の酒米「五百万石」を使う「越乃寒梅 普通酒 亀田郷大江山産」を地域限定で発売した。

 地元農家らが14年、栽培研究会を設立し、酒米を栽培。同社が全量を買い取っている。16年に大江山産酒米のみを使った普通酒を発売。翌年からは特別本醸造酒を発売しているが、消費者により気軽に楽しんでもらえるよう、3年ぶりに普通酒を復活させた。

 淡麗な味わいと熟成したうまみが特徴で、アルコール度数は15度。新潟市江南、東、中央の3区の正規特約店と、同社サイトで販売する。希望小売価格は720ミリリットルが1千円(税別)、1800ミリリットルが2100円(同)。問い合わせは同社、025(276)2028。

新潟・岩室 ニュース