音楽を聞きながらライトアップを楽しむ来場者=金沢城公園玉泉院丸庭園

音楽を聞きながらライトアップを楽しむ来場者=金沢城公園玉泉院丸庭園

石川県 金沢市周辺 祭り・催し

ロックと光融合 金沢城公園でセッション

北國新聞(2019年2月2日)

 誘客イベント「冬の夜のマジカルセッション"出逢い"」(ケィ・シィ・エス共催、北國新聞社後援)は1日、金沢城公園玉泉院丸庭園で開幕し、ロック音楽が流れる中、雪が積もった園内が色とりどりにライトアップされ、観光客らが足を止めて見入った。
 庭園内の休憩室「玉泉庵」で開かれたオープニングレセプションでは、山本陽一県観光戦略推進部長があいさつし、プロデューサーの立川直樹さんの発声で乾杯した。玉泉院丸庭園での「プログレッシブロックライトアップ」は、2、8~10、15、16日に行われる。英ロックバンド「クイーン」の「ボヘミアン・ラプソディ」など、松任谷由実さんと立川さんが選んだ名曲で夜の庭園を彩る。
 イベントは金沢の寺社や歴史的建造物を活用し、23日まで開かれる。2日は金沢聖霊修道院聖堂でクラシックの演奏会、9日はにし茶屋街の西検番事務所で、「室生犀星が感じた金沢の夜」をテーマに対談や芸妓の踊りが繰り広げられる。
 16、17日は北國新聞赤羽ホールで和太鼓とギターの一流奏者が特別パフォーマンスを展開する「TAO8×SUGIZO」、23日は金沢出身の俳優篠井英介さんが泉鏡花の作品を朗読し、舞踊、箏・地歌と共演する「KYOKA音・語り《龍潭譚(りゅうたんだん)より》」が天徳院で行われる。イベントは石川県と県観光連盟が主催する。

金沢市周辺 ニュース