中央アルプス千畳敷で参列者に祝福される新郎新婦

中央アルプス千畳敷で参列者に祝福される新郎新婦

長野県 伊那路 祭り・催し アウトドア・レジャー

白銀の中ア背に誓う愛 千畳敷で「結婚式」

信濃毎日新聞(2019年2月3日)

 標高2612メートルの中央アルプス千畳敷で2日、山好きカップルのための「純白の結婚式」があった。駒ケ根市の駒ケ根観光協会の主催で17回目。午前には公募で選ばれた県外の2組が挙式。真っ青な空と白銀の雪山を背景に愛を誓い、参列した親族ら約30人から温かい祝福を受けた。

 青空が広がったものの、気温は午前9時時点で氷点下7度。時折、雪を巻き上げる強い風が吹いた。新郎新婦はアルプホルンの音色が響く中、雪上にしつらえたバージンロードを歩いて入場。雪を固めて作った小さなチャペルの前で指輪とキスを交わした。

 東京都多摩市の中塚正彦さん(32)、由弥(ゆみ)さん(30)夫妻は毎週末のように登山を楽しみ、2人で初めてテント泊をしたのが中ア宝剣岳だった。肩を出したウエディングドレス姿の由弥さんは「山でもっと寒い経験をしたから我慢できる。山も祝福してくれた感じで幸せ」とし、正彦さんと満面の笑みを見せた。

伊那路 ニュース

伊那路
イベント

伊那路
スポット