諏訪湖の水温を測る宮坂宮司(手前)

諏訪湖の水温を測る宮坂宮司(手前)

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 その他

「御神渡り出現、可能性薄い」 諏訪湖面の観察終了

信濃毎日新聞(2019年2月4日)

 諏訪湖を覆った氷が割れ、せり上がる「御神渡(おみわた)り」の記録、認定を担う八剣神社(諏訪市)の宮坂清宮司(68)は3日、今季の御神渡りについて「(出現の)可能性は非常に薄い」と述べ、氏子総代らと1月6日から続けてきた毎朝の湖面の観察を終えた。23日に注進奉告祭を執り行い、今季は御神渡りのない「明けの海」だったことを神前に告げる見通しだ。

 宮坂宮司と氏子総代ら約20人は、この日も午前6時半ごろに諏訪市豊田の湖畔に集合。諏訪の最低気温は氷点下6・9度と平年をやや下回ったが、氷は岸辺から数メートルまでしか張っておらず、水鳥が湖上を泳いでいた。観察を続けてきた大総代の宮坂平馬さん(65)は「予報通りの暖冬で、湖の氷が広がらなかった」と残念がった。

 諏訪湖では昨季に続く御神渡り出現が期待されていた。今季、明けの海となれば平成に入ってからは22回目。宮坂宮司は「近年は御神渡りができる方が珍しい。今季は近年を象徴する冬だった」と振り返った。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット