ウッドデッキの中庭があるパブリックスペース。24時間利用できる

ウッドデッキの中庭があるパブリックスペース。24時間利用できる

長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線 その他

「仲間とルーズに」若者向けホテル 星野リゾート、軽井沢に

信濃毎日新聞(2019年2月6日)

 星野リゾート(北佐久郡軽井沢町)は5日、20〜30代をターゲットにしたホテル「BEB5(ベブファイブ)軽井沢」を軽井沢町星野に開業した。旅行回数が減っている若者の旅行需要を掘り起こす狙いで設けた新型のホテル。「仲間とルーズに過ごすホテル」をテーマに気ままな滞在スタイルを提案し、若者を国内旅行市場に呼び込む。

 同社の宿泊・商業施設が集まる地区に、木造2階建てのホテル(延べ約2800平方メートル)を新築した。若者が思い思いに楽しめるパブリックスペース「TAMARIBA(タマリバ)」には、ウッドデッキの中庭やカフェがある。氷の台の上で円盤を打ち合うゲーム、切り込みを入れて火を付けた丸太で料理する体験など、季節ごとに軽井沢らしい遊びも提案する。

 宿泊者全員が35歳以下であれば、季節変動のない1室1泊1万6千円(通常1万8千円から)の一律料金を採用。全73室のうち40室はロフトを備え、都内で運営する都市観光ホテル「OMO(おも)5東京大塚」の客室と同様の遊び心を利かせて「秘密基地のような空間」を演出する。

 同社が運営するホテル・旅館は38施設目で、軽井沢町内での宿泊施設開業は2005年以来となる。この日、現地で取材に応じた星野佳路代表は「20代、30代を旅に駆り立てるようなホテルの在り方は日本の観光にとって非常に重要」と強調。若い世代が求めるホテルの在り方を見極めながら、今後の「BEB」の展開を探ると説明した。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット